かんぽ生命 先進医療百科

SEARCH

九州国際重粒子線がん治療センター

詳細情報

住所
〒841-0071
鳥栖市原古賀町3049
TEL
0942-50-8812 
  • 技術名

    適応症

    実施期間

  • 重粒子線治療

    肺・縦隔腫瘍、消化管腫瘍、肝胆膵腫瘍、泌尿器腫瘍、乳腺・婦人科腫瘍又は転移性腫瘍(いずれも根治的な治療法が可能なものに限る。)

    2013/12/01〜

  • 重粒子線治療(非小細胞肺がん)

    非小細胞肺がん(ステージがI期であって、肺の末梢に位置するものであり、かつ肺切除術が困難なものに限る。)

    2016/07/01〜

  • 重粒子線治療(肝細胞がん)

    肝細胞がん(初発のものであって、肝切除術、肝移植術、エタノールの局所注入、マイクロ波凝固法又はラジオ波焼灼療法による治療が困難であり、かつChild―Pugh分類による点数が七点未満のものに限る。)

    2016/10/01〜2022/07/31

  • ゲムシタビン静脈内投与および重粒子線治療の併用療法

    膵臓がん(遠隔転移しておらず、かつ、TNM分類がT4のものに限る。)

    2017/03/01〜2022/07/31

  • 重粒子線治療(直腸がん)

    直腸がん(術後に再発したものであって、骨盤内に限局するものに限る。)

    2018/09/01〜2022/07/31

  • 重粒子線治療(前立腺がん)

    前立腺がん(遠隔転移しておらず、D'Amico分類で高リスク群と診断されるものに限る。)

    2017/04/01〜2018/03/31

※当サイトの技術情報は、厚生労働省ホームページより引用しております。

※データ収集は2012年7月1日より行っているため、実際の開始時期とは異なる場合があります。

※本サイトでは2024年5月1日時点の先進医療技術・実施医療機関の情報を掲載しています。