かんぽ生命 先進医療百科 かんぽ生命 先進医療百科

ABOUT

【監修】国立成育医療研究センター理事長
前先進医療会議座長
五十嵐 隆

「先進医療A」と「先進医療B」

先進医療には、「先進医療A」と「先進医療B」があります。「先進医療A」は、薬機法上の承認・認証・適用がある薬剤や医療機器を用いた医療技術です。また、承認などが得られていない検査薬などを使用する先進医療技術のうち、人体への影響が極めて小さいものも、「先進医療A」として分類されます。一方、「先進医療B」は、薬機法上の承認などが得られていない薬剤や医療機器を用いた医療技術です。

先進医療のなかには、保険診療への導入が決まり先進医療でなくなる医療技術や、さまざまな要因から先進医療から削除(承認取消)される医療技術、新たに追加される医療技術もあるため、承認技術は随時変動しています。

実施医療機関数、患者数、先進医療にかかる費用の総額の推移

2006年に先進医療がスタートしてから、先進医療を実施している医療機関は年々増加していましたが、2020年には大幅に減少しました。 その主な要因として、実施医療機関数の多かった技術が先進医療から削除されたことが挙げられます。2021年は実施医療機関数と患者数、先進医療にかかる費用の総額いずれも、前年とほぼ同程度となりました。

先進医療の実施医療機関の推移(過去5年間)

先進医療の実施医療機関の推移(過去5年間)

※ 1施設で複数の先進医療技術を実施している場合でも、1施設として計上。

患者数と先進医療にかかる費用の総額の推移(過去5年間)

先進医療にかかる費用の総額と患者数の推移(過去5年間)

年間実施件数の多い先進医療技術

  • 順位

    先進医療技術名

    年間実施件数

    平均技術料

    実施医療機関数

  • 1

    陽子線治療 ※1

    1,285件

    2,649,978円

    18機関

  • 2

    重粒子線治療 ※2

    683件

    3,186,609円

    6機関

  • 3

    ウイルスに起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法)

    614件

    27,863円

    25機関

  • 4

    術後のアスピリン経口投与療法

    488件

    1,463円

    30機関

  • 5

    細胞診検体を用いた遺伝子検査

    459件

    75,610円

    18機関

※1 この「陽子線治療」の適応症は、「頭頚部腫瘍(脳腫瘍を含む。)、肺・縦隔腫瘍、消化管腫瘍、肝胆膵腫瘍、泌尿器腫瘍、乳腺・婦人科腫瘍又は転移性腫瘍(いずれも根治的な治療法が可能なものに限る。)」です。

※2 この「重粒子線治療」の適応症は、「肺・縦隔腫瘍、消化管腫瘍、肝胆膵腫瘍、泌尿器腫瘍、乳腺・婦人科腫瘍又は転移性腫瘍(いずれも根治的な治療法が可能なものに限る。)」です。

1件あたりの自己負担金額(技術料)が高額な先進医療技術

  • 順位

    先進医療技術名

    年間実施件数

    平均技術料

    実施医療機関数

  • 1

    イマチニブ経口投与及びペムブロリズマブ静脈内投与の併用療法

    1件

    9,198,594円

    1機関

  • 2

    周術期デュルバルマブ静脈内投与療法

    2件

    6,096,335円

    2機関

  • 3

    自己軟骨細胞シートによる軟骨再生治療

    6件

    4,045,186円

    1機関

  • 4

    ゲムシタビン静脈内投与及び重粒子線治療の併用療法

    5件

    3,428,000円

    2機関

  • 5

    重粒子線治療(非小細胞肺がん)

    5件

    3,356,000円

    3機関

*このページの図表は、厚生労働省・第105回先進医療会議「令和3年度実績報告」(2020年7月1日~2021年6月30日)を参考に作成しています。